今日は、やはりこの話!

ヨガを学びたいな、、

ゆくゆくは ヨガを伝えて行ける人になりたいな

と言われる方々 

まず最初に

ヨガ資格 

ヨガインストラクター資格 

ヨガ養成スクール

を検索し調べられると思います。

沢山のヨガ養成スクールが出てきますよね。

そこで目に飛び込んでくるのは

これ だと思います

RYT 200

というヨガインストラクター資格です。

この資格を発行できる スクールが多く目につくと思います。

ちなみに当スクールYOGA HUALIもRYTの認定校ですが、、ものは試しに認定校の申請してみたらすぐに通過。(RYT200は既に受け付けていません) 認定校になれるのかスクールとしての経験をしてみました。

やはり 
RYT200は 必要ないという私の答え。
本来のオリジナル44時間の受講で十分だということが、スクールをスタートして12年目に入った今だからこそRYT200 は必要ない!と改めて強く感じている今日この頃です。(笑

正直、、、

RYT200取得したから大丈夫!安心!

活躍できる。というような事は一切ありません!

ハッキリと言い切っておきます。

200時間の受講を終えたら 試験に落ちる事なく皆さん ヨガインストラクター資格取得できる仕組みになっています。大手さんはじめRYT200 資格取得できるスクールは、、

200時間って結構な時間です。

これ途中でほとんどの方が集中力切れるパターンに陥りやすいです。

200時間も受講したから、、、

というように 卒業後一気に安心した感じになるのか、安心しきってしまう方々多く見受けられます。200時間受けている間、復習するという習慣さえもつかずにいるヨガインストラクター多いです。

いざ、活躍できず、オーディションさえも受からず、、、

ヨガレッスンデビューできたかと思いきや、お客様が全然つかない。

リピートして頂けない。というような事で、

当スクールYOGA HUALIへ

学び直しに来られるお客様が本当に多いです。

私 毎年ビックリです。

ま、わからなくも無いですが、、

ヨガ養成スクールの在り方が重要。要はビジネス化されてるスクールが多いからそういう事になるという。

これは お客様からすると見抜けないことが多く、、、

ヨガのこと、わからない状況の中で皆さま調べに調べて来られるでしょうから無理もありません。

ヨガインストラクター・ヨガ講師

にとって何が大切だと思われますか?

綺麗なポーズを取ることでしょうか?

解剖学の名前ばかり無駄に覚えることでしょうか?

違います。どちらも

綺麗なポーズ

柔軟性がある人は取れます

硬い人は練習していくことで必ず柔軟になっていきます。体が変わっていくものです。

綺麗なポーズを最終目標とはしていません。

ヨガそのものの学びは

ご自身の心と体のバランスをはかり

常に穏やかな安定した心で日々生活していけるようになること

心と体を通して、まずは体感しその経験を積み重ねていくことが大切です。

目に映るものだけの学びではないということです。体の変化は目で確認できるのでわかりやすく、内側の心 だったりと内観していく事は目に見えにくいものなのでわかりにくい部分があります。

ですが、ここが変わっていくと 日々の在り方がより良く変わっていきます。日々の在り方、、、

肉体的・精神的・社会、経済的に全てより良く変化していきます。

経験してきてるからこそ伝えられます。

経験してきたからこそ自信があります。

ヨガ講師・ヨガインストラクター資格取得

といえば、YOGA HUALI Training Schoolへ

GW中のスペシャルプライス実施中です

このような時期だからこそ、

動いてみませんか?ご自身の未来の為に。。。

Pocket