ヨガインストラクター資格養成、よくある質問

コース受講前によくいただく質問です。

からだデザイン Yoga Huali 代表胡蝶が答えます。

ヨガインストラクターに憧れつつも、躊躇している方も多いと思います。
ここではコース受講前によくいただく質問をまとめて、胡蝶が答えていますので、ご参考くださいませ。

全くのヨガ初心者です。現在は近くのヨガスタジオでヨガを週1ペースで通いはじめたばかりですが、こちらで受講した後に、 お仕事としてきちんと人に教える事ができるようになるでしょうか?

ヨガ初心者ということですが、全然大丈夫!です ご安心ください。他にも初心者で受講される方いらっしゃいますよ。 もう卒業されて、地方ですが、ご自身のヨガ教室をはじめられている受講生もいます。今現在も、全くの初心者の受講生、8月9月から受講されている方もいます。 初心者だから。。とか全く気になされなくて良いと思います。 やろうという気持ちがあるか、ないかだけだと思います。経験や年齢も関係ありません。 私、個人的な意見になりますが、初心者です というわれる方ぐらいの方が、変にヨガの知識が入ってなく、何色にも染まってないので、すんなりと吸収して学ばれるので良いかと思われます。 当スクールでは、もちろん、ヨガインストラクターとして卒業と共に、 活躍できるラインにまでもっていく授業内容と体制です。 即、レッスンデビューできる自信と知識、技術をしっかりと学んで頂いております。 自信もって、資格取得しただけでは終わらせない、活躍できる、生かすすべも惜しみなくお伝えしております。

資格として今後ヨガを教えるお仕事に就く際に、有利となる資格取得はできますでしょうか?

もちろんです。資格取得できます。 有利。。。という表現は難しいですが、有名なヨガスクールの資格を持っているからといって必ず活躍できるという保証は、残念ながらありません。 また技術・知識だけでは、魅力あるインストラクターになれません。 人間力を、、、インストラクターとしての心の輝きも磨かなければいけません。 当スクールは、それらも学べ、活躍、活動の場もご自身でつくりだせる、すべを伝授します。そして身につけて頂きます。しっかりと、履歴書にご記入いただけます。 ヨガを仕事にする場合、何タイプかの活動の仕方があります。 どこかしらの養成スクールできちんと受講し終えたら、認定書(資格)を取得できます。とにかく、どこかしらのスクールが出した、認定書(資格)がないとヨガインストラクターとしての活動はできません。 当スクールの資格自信もってみなさま生かされていますよ!

全米ヨガアライアンスや日本ヨガアライアンス認定等色々資格も 種類があるようですが、一体どう選んだらいいのでしょうか?

ガ資格 色んな流派があるだけに、それに付随して資格も様々です。 何がどう違い、どう選んで良いか迷うのは当然です。 全米ヨガアライアンスというのは、全米である一定の水準を決めたアライアンスになります。 RYTという呼びかたもします。 これも流派が沢山あり(アシュタンガ、ビンヤサ、ハタヨガ 等) 通常ハタヨガがベース基本的に主流になっています。 国内外でのヨガアライアンス認定資格も正直ピンキリです。 内容はもちろん、違いますし、受講時間も受講費も各養成スクールによって様々です。 RYTを取得したらすぐに活躍できると勘違いされてる方も多く、一種のブランドを身につけてるようなものだと思って下さい。 他の養成スクールもほぼ、一つのクラスに、最大限受講生を詰め込んでの養成レッスン風景で、受講生が多い分、わからない所があっても、聞くに聞けない状況が常です。 授業ばかりがトントンと進んでいき、途中ついていけなくなる方もいらっしゃいます。 楽しく学ぶはずの授業が。。。だんだんやらなければいけない。というやらされてる感になって、みなさん授業の早い進み方について行くという状況がほとんどではないかなと思われます。 こういう現状があるので、結果資格は取れたものの、生かされない現状の方たちが多いです。

何の資格がとれますか?

民間の資格となります。 Huali認定 ヨガインストラクター資格 シニア・マタニティ・等は、まず基本となるハタ・ヨガベースを取得して頂いてからの受講になります。

クラススケジュール(日程、時間)はどのようなものですか?

お客様のライフスタイルが違うため、希望日時をお伺いしての 最大限、お客様に寄り添うスタンスです。 なので、おひとり、おひとり受講する時間等が違ってきます。 多く見受けられる、受講例として週に一度 2時間~3時間での受講。 こういうリズムの方が多いように思われます。 これでいくと、約6か月、みて頂けるとよいです。


Yoga Hualiを知る

btn_contact

からだデザインYOGA Huali
©2014