HUALIのRYT200 の在り方と捉え方

2017年10月28日

いつもお立ち寄り下さり
ありがとうございます。
YOGA HUALI Training School
代表を務めます
胡蝶 かおり です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、明日は ヨガ養成 合同説明会の日でありますが、
YOGA HUALI の考えるRYT200の在り方。
最初に伝えておきます。
他のスクールとは間逆だと感じます。

それはなぜか、、、。

当スクール 民間のヨガ養成スクールとして、
今年で9年目に入ります。
はい。今までRYT200は取得できない、HUALIの修了証 しかでないスクールだった訳です。
ですが、
これで成り立っているので9年続けられてるという裏ずけのその理由があります。

44時間です。学びのベースは。
ですがこの44時間 ただ、時間数をこなす という学び方 ではないということ。

おひとり、おひとり しっかりととご自身と向き合うからこそ、
皆さん それぞれに 時間を要します。

そう、
学びに
『終わりはない』 というスタンスなのです。

終わりはない。
ヨガ養成スクールで200時間学び終えるのに、大抵の方々は必死になります。
200時間 って相当な量なわけです。
これをスクールで学んだだけでは資格はどんな受講生でも スクールへ通えば 取得できるでしょう。
ですが、ただ 授業をこなして、資格取得できた。という事だけに過ぎないわけです。

200時間付いて行くのに必死だからです。
週に1ー2度受講で一回につき5ー7時間 いっきに学んで頂くスタイルがどこのスクールでも
多く見られます。
学びに行っただけではダメだ!ということ。
その一回 一回の授業で学んだことを 一旦 ご自宅へ持ち帰り、
ご自身で復習をし、日々 自己学習 を実践していかなければ 身につきません。
吸収できません。しかも この復習・自己学習をしなければ、質問さえもでないわけです。

当スクールHUALIではまずは44時間でしっかりととご自身と向き合っていただき、
日々 復習する ということを 習慣づけていっていただきながら、
実践・実践・実践 の繰り返しであります。

ですので、今 ここ3年の期間、卒業試験を受ける前に卒業控えた受講生達は、
オーディション等を受け、受かり、何本も担当レッスンを持った状態で卒業試験に臨む
という状況が続いております。

逆で すね。他のスクールとの状況と。
比べる わけではなく、今の現状わかりやすく 伝えさせて頂いております。

その現状がある訳です。
ですので 44時間でまずは十分なわけです。

他のスクールRYTを取得して 活躍できづ、悩み、当スクールへ再度 受講しにくるという状況が
ここ2年 全体の4割 占めているのも現状であります。

そういう状況はどうなのか、、、と常に考えた結果、
つかえるRYT生 即生かせるRYT 生を創りだせば良いのでは、、、と考えて、
RYTを取得できる 認定できるRYSとなったわけです。

ですが、あくまでスタンスは44時間がベース。

ただRYTをこなし、そこで終わって何もできない受講生(他校)が多い中、
当スクールYOGA HUALIでは、
44 TT(ティーチャートレーニング) の受講で、徹底的に鍛え上げ、その後、
まだまだ 学びを深めていきたい!という受講生をRYT200 へ継続学習として受講し、
その学びが終えた時に、
揺るぎない自信を持って夢を実現に!!!

わかりやすく 簡潔に表現するならば、
HUALIの44TT は ヨガの専門学校
HUALIのRYTは 大学院

という感じの捉え方です。

明日は 生の声を聞いてくださると嬉しいです!

明日は 台風の影響で雨模様のようですが、
ぜひ! お越しください。

会場でお待ちしています。

会場は代官山にあるイージーヨガさん
HUALIの説明スタート時間は
♦︎ 15:30-スタート で16:10までになります。

1人でも多くの方々とお会いできるのを楽しみにしております。

Pocket


YOGA ROOM ヨガ養成スクール説明会 RYT200 & HUALI44TT 学びを深めたいだけのお客様も喜んで
YOGA ROOM ヨガ養成スクール説明会 RYT200 & HUALI44TT
学びを深めたいだけのお客様も喜んで
からだデザインYOGA Huali
©2014