考える・感じる

2017年8月10日

いつもお立ちより下さり
ありがとうございます。
YOGA HUALI Training School
代表を務めます
胡蝶 かおり です。

今日も 暑いと言ってしまう東京から
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

まだ 暑さが続くと考えただけで ゾッとしますが(笑
8月も乗り切っていこうと思います。

今日はこんなお話♪♪
脳のお話を ざっくりと ヨガ的に お話しようかな、、、。

皆さん どのような 日々 を過ごされているでしょうか?

きっと 皆さん それぞれに、、、

忙しない感じで 過ごされてはいませんか?

朝、
目覚めたときから 時間に追われていませんか?

不平不満 を 抱きながら 生活していませんか?

日々目覚めた時から 、
心爽やかに 過ごせてる。という方々がどれだけいるでしょう、、、、。

ひとつ!
今日は これ!

ご自身で
「考える ・ 思考 」

「感じる 」

この2つの 脳のバランス

寝る前に 今日一日のことを振り返り 、
明日 やらねばならぬことを 「考える 」

今日の 夜ごはんは 何を食べようか 「考える」

仕事で 注意されたことを 「考える」

これらの 考えるというのは 起こった 過去に対して。
また、まだ見ぬ先 未来のことで「考える」

外に出て、心地よい風 を 「感じる」
お風呂から上がり フアフアのタオルの心地よさを「感じる」

この 「感じる」ということは 今 現在のことにあたります。

日常の中で、
考える ということ
感じる ということ

どちらが 多いですか?

考える という行為の方が 圧倒的に多いのでは と、、、。

そう 脳には 右脳と左脳があり、
今 現代においては この 左脳の方が 優位にたってると言える現状があるでしょう。

左脳
今現在の情報を収集
エンドレスな思考
常に トーク状態
etc..,

右脳
繋がり
一体感
この 時 が 大切
etc…,

例えば
ヨガレッスンで、できない ポーズがあるとします。正確には 綺麗なポーズが取れない

自分自身の今までの情報や 経験 によって、
これが いいのか、、よくないのか、、、
そう言った判断を左脳でしてしまいます。

感じる ということにフォーカスすると 右脳が出番です。
繋がる ということにフォーカス。

左脳だけでもよくなく、右脳も 両方 合わせてバランスよく つかっていくことで、
日々生活の中でなりたい 自分に近ずける
いろんな意味で しっかりと ご自身がやらねばいけない 仕事をスムーズにさえも できるようになる。 訳です。

右脳も使えるように!
ヨガ的 思考と 感覚を養っていきませんか?

あらゆる視点から ヨガの学び・魅力を伝えていきます。
お問い合わせから ご連絡下さい^_^

Pocket


ヨガ深める為だけに学び、全過程を終えた「今」の生の声 ココロ も からだ も やすめよう
ヨガ深める為だけに学び、全過程を終えた「今」の生の声
ココロ も からだ も やすめよう
からだデザインYOGA Huali
©2014