(続 自律神経バランスをとる一連のアーサナ

2015年10月7日

いつもお立ち寄り下さり

ありがとうございます。

YOGA HUALI Training School

代表を務めます

胡蝶 かおり です。

 

今日は 先日ブログにて記事にて

自律神経を五感から

バランス調整していくお話を少し させて頂きました。

一部ではありますが、

一連のアーサナ(ポーズ)

の今日は 各ポイント!!を

お伝えします!

メモメモ して下さいね^_^

 

 

【 一連の流れ 】
(数字 は チャクラです)

1 : (嗅覚) 英雄のポーズ(ヴィラ1)

☆check!☆
生命の根源とそこに関わる部位を程よく刺激していきます。
第1チャクラの所を安定させることで両腕をしっかりとあげれます。安定したら しっかりと呼吸を心がけていきましょう。

 

 

2 : (味覚) トリコナーナーサナー

☆check!☆
下腹を意識して呼吸を流していく(注ぐ)
ご自身の身体の中心軸を意識して、そこから左右に開いていく open!していくイメージで。呼吸も気持ちよく行うことができるようになります。

 

 

3 : (視覚) ねじりのポーズ

☆check!☆
背骨を下の方からひとつずつねじっていくイメージで。そしてできるだけより深い呼吸を!

 

 

4 : (触覚) ゴームカーサナー

☆check!☆
胸を意識できるように腕を
おおきく 使う。
後ろで手と手を繋いだら、背骨を伸ばしていき目線を少し上に上げるとより胸が広がっていき、呼吸しやすくなります。
(牛の顔のポーズ)
5 : (聴覚) ハラーサナ ・
パシチモッタナーサナー
(交互に)

☆check!☆
喉のチャクラへ大きな動き(動作)で刺激。
2つのポーズの連続を4-5回繰り返す。
ハラーサナの時はノドを意識していくと良いですよ。
6 : (脳) プラーナヤーマ(呼吸)

☆check!☆
左右⇄交互で行う呼吸で整えて
いく。
右の穴を親指で押さえ、中指とひとさし指は
眉間に。左から吸って一度両穴を押さえて、今度は薬指で左を抑え 右鼻を外して吐く。
7 : (脳) シャヴァーサナ

☆check!☆
シャヴァーサナで
脳にプラーナを送る。
シャヴァーサナで横たわり足下から
順次に 緊張と弛緩(しかん) を行う

 

これらのcheck!を

意識してチャレンジしてみて下さい。
【 意識 】 ➕ 【 呼吸 】するということ
これだけでも随分と違ってきます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自律神経っていうものは交感神経と副交感神経で 各臓器の働きと関係する反射神経のこと。

【交感神経】がつかさどるもの
活動中 ・エネルギッシュ ・
瞳孔が開く・血管が収縮・血液上昇・胃の活動が抑制 ・呼吸が速くなる

等 まだあります。

【副交感神経】がつかささどるもの
眠っている・リラックスしてる・瞳孔が収縮・血圧が下がる・胃の活動がすすむ・毛穴がひらく・呼吸がゆっくりになる etc….
☆参考にまで☆

 

 

今日もより良い一日をお過ごし下さい。

 

 

 

Pocket


ヨガ哲学こそ重要!!! いつも ハグ してますか?!
ヨガ哲学こそ重要!!!
いつも ハグ してますか?!
からだデザインYOGA Huali
©2014