私=スクール →『人』の育成

2016年2月5日

いつもお立ち寄り下さり
ありがとうございます。
YOGA HUALI Training School
代表を務めます
胡蝶 かおり です。
今朝も寒い。。
皆さんは、朝 思うように
ベッドから 出て 目覚められてるでしょうか?
金曜日 一週間 時間が経つのは早いですね。
さて、
今日はこんなお話を!

 

わたしは
当スクールへ通われてる 受講生へ
また
当スクールの講師陣にも 常々
伝えて言ってることがあります。
人生歩んでいく中で
皆さん それぞれに
いろんなことを体験し それが経験となり
その時々で
楽しいこともあれば
嬉しいことも。。。

 

反面 、

 

悲しい思いや
悔しい 思い。。

辛いことや 大変だと逃げ出したくなることもただ、あると思います。
もちろん、この私も このような
思いや経験をしてるからこそ
日々 頑張れる訳ですが。。。。
皆さんに いつも伝えてること
の1つに。。。
このような ことを伝えて指導しています。
また 、常にこうあって欲しいという思いでいます。

♢ 常に素直で誠実である ということ。

♢愛嬌がある ということ。

この2つを大切にしております。
この反対に
これをしたら
強く 指導します。

♢言い訳 する

♢自分自身から逃げない、ごまかさない

です。
言い訳 これが一番 嫌いだし、素直さがないということでもあります。
当スクール へ通われて 学ばれてる受講生、そして
講師陣 人として、どうなのか?
意識も高くあって欲しい。。。
育成・指導するにあたり
やはり
素直さと愛嬌。
これが 自然に身につけれるようにというか
こういう自分自身になれると
ホント 人生 よりよく 楽しく 歩んでいけるようになる。
ここが ポイントでもあります。

 

特に 社会に出て、
今 まさに 社会にもまれてる 若い子たちには 伝えたい。

会社という 組織の中で、
楽しく仕事されてるかた、、
辛いな、上司がキツイし厳しいしやだな。。。と思いながら 働かれてる方々も
多いかと思います。

 

会社 や 働くという 上で、
皆 、いい上司や 社員さん 達とは 限りません。
ご自身がどんなに 自分自身で頑張ってる と思っていても全く認めてくれない というようなこともあるかと思います。
そういう時 こそ、自分自身が
嫌気になったり、 避けたり、逃げたりしてその一瞬は いいかも しれない。
だけれど、
また 同じような人 とあったり、そのような環境になったりするものです。

そんなことよりも

どんな 上司や会社、環境であっても
全部 自分自身を鍛えてくれてるんだ!
と 反面教師のように 捉えていく 度量を持っていて欲しいな。。と感じます。
なんでもそう。
努力無くしては 上手くはいかない! 不平不満や 嫌なことから逃げる のではなく 向きあうのです。
全て、無駄になることはなく
全てご自身を強く していくため、
それは 、
ご自身の心 を鍛えていかなければ
幸せだなと感じる人生にはならない。

ということだと思います。

 

今日笑顔溢れる1日を!

早く 春になるといいなぁ〜♡

 

Pocket


ティーチングの声は大切 卒業生のご感想〜生の声〜
ティーチングの声は大切
卒業生のご感想〜生の声〜
からだデザインYOGA Huali
©2014