受講生〜卒業生の今、ご感想・生の声〜

2017年1月26日

いつもお立ち寄り下さり
ありがとうございます。
YOGA HUALI Training School
代表を務めます
胡蝶 かおり です。

今朝は昨日 卒業レッスンを終え、見事合格をした Yumiさんから、
感想〜生の声が届きましたので、
みなさまへご紹介させて下さい。

〜卒業生YUMIさん の生の声〜

【卒業試験を終えて】

私がヨガインストラクターに興味を持った理由は、
ヨガへの興味はもちろん、自分の体ひとつでどこの国にいてもそれを仕事として生きていけるかもしれないと思ったからです。

簡単でない事は承知でしたが、その時々で自分の住みたい土地を移りながら、
なおかつ好きな事で生きていける可能性があるのなら最高!
と新しい事を始める緊張感や不安もありましたが、
気になるのならまず一歩動いてみようと思ったからです。

初日の座学の授業ではヨガ哲学に完全に惹きつけられた事を覚えています。

座学の授業は普通にアサナのみのクラスで生徒として参加しているだけてはなかなか知るキッカケはなかったんじゃないかな、と思います。

また、自分の内面と向き合う事の多い授業だったので、
マンツーマンの授業スタイルが私にはとても合っていました。

授業が進み、アサナのティーチング練習が始まり出した頃に私は、
練習不足かつ自分が深く理解できていない事を人前に立って指導なんてできない…
とティーチング練習が嫌になってきていました。

先生方はその気持ちの変化をすぐに見抜き、
それならひとまずインストラクターになるかならないかは置いておいて、
目の前のことを1つ1つやっていこう!と言ってくれ、
次の授業からは自分自身の座学とアサナを深めていく時間に変えてくれました。

授業も後半に進み、卒業が近づいてきた頃に先生から卒業試験を受ける意思の確認がありました。

受ける意思はあると伝えましたが、
当時はまだ全く自分に自信がなく試験の事をはぐらかし……..
最後の授業ではこの状態じゃ試験は受からないと言われ、
私は卒業試験の日を決めず先延ばしにしながら逃げました。。。

それでもヨガにはすっかり引き込まれていたので仕事を辞め、
ヨガをする為だけに1人インドへ行きました。
ひたすらアサナの練習、マットから離れても教わった事を意識して過ごしていると、
座学の授業で先生が言っていた事が経験を通じて理解でき始めました。

それは決してインドに行ったからではなく、
これまでにないくらい本気でヨガと向き合ったからだと思っています。

そして練習すればするほどヨガが好きになって行き、
伝える事への苦手意識も徐々に薄れ、
それ以上にアウトプットしていく事で自身の理解も深まる事に気がつきました。

『自分らしい60分間のレッスンがしたい!』
自分で納得出来るまでは試験を受けない!
と試験を受けるまで約1年かかってしまいましたが、
昨日無事に終える事が出来ました。

まだまだ課題はありますが、
合格を貰えた時は大人になってこんなに心から自然にヤッター!!!!!て、
言ったことないってくらい大喜びでした。
参加者の皆さん、そして 先生方と胡蝶先生 からフィードバックで頂いた言葉は宝物です。

自分のペースを大切に。と私が試験から逃げている間も、
理解した上で何も言わずにいて下さった先生方には本当感謝しています。

受講を始める前の不安や、受講中は色々と悩んだりしましたが、
結果は思い切って飛び込んで良かった事ばかりです。

Hualiは卒業しましたが、
まだまだ奥深いヨガの世界にこれから先も楽しみがいっぱいです!

Yumi Matsumoto.

**************************************************************************

yumiさん!
よく戻って来られました。
必ず やった以上のことは ご自身へ返ってくるものです。
努力無くしては、ヨガインストラクターにはなれない。
プロになるってどの仕事においても言えることだけど、、、
ご自身の頑張りが重要‼️

ご自身の頑張りは裏切りません。
ご自身に自信をも、養われていきます。

さぁ! チャレンジ!
お問い合わせからご連絡下さい。

不安や失敗と言われることは イメージしない
考えない。 まだ見ぬ世界だからこそ、
どういう学びかな? とか、
良いイメージをしておくと 不安を感じなくなります。

常に 無意識に生活しているのを意識して生活するのを心がけるのです。

一歩の勇気!と二歩目の前進!
三歩目には 学びを楽しまれている姿がそこにはあります。

さぁ、ご連絡を〜

Pocket


素敵なヨガインストラクターの誕生です! マンツーマンスタイルをとる様々理由〜第2部〜
素敵なヨガインストラクターの誕生です!
マンツーマンスタイルをとる様々理由〜第2部〜
からだデザインYOGA Huali
©2014