ヨガteacherになるまでの道のり#01

2013年2月13日

からだデザインYoga Huali
ヨガインストラクター資格取得養成スクール

「出会う学ぶ輝ける 
Nice to meet you!」
いつもお立ちより下さりありがとうございます
からだデザインYoga Huali 
代表 胡蝶 かおり です
image
木曜日の今日、皆さまどのようなスタート!を切られたでしょうか?
タイトルにもしていますが。。。。
ヨガteacherになるまでの道のり。ということで
何回かに分けて綴っていこうかなとおもいます。


私は、福岡(地元)の大学をでて すぐに東京へ上京
してきました。それは、ガラス造形家になる為に 当時日本に
唯一、ガラスに関わる技術を学べる機関が2校ぐらいしかなく
そのうちの一つ、
「東京ガラス工芸研究所」 というガラスの学校へ行きました。
ここから 真剣に 物を作り上げる また ガラスと言う
素材で自分を表現する ということにはまり、勉強をし 
ものづくりの世界へ一歩踏み出したのが ガラス作家への
スタートでした
当時は、両親に感謝の気持ちというものは
もっていなかったように思います。親だから
当たり前ぐらいな感覚だったような気がします
(今だから、言いますが
かなりのわがまま娘でした。。。。。
今、考えたらゾッとします。。。
大学でた上にまた学校
ずっと美術系で。。。
お金のかかる子と言われてました。
ガラスと言う素材は私にとっては、とても魅力的な素材だったのです
透明なガラスは
不透明にもなるし、半透明にもなるし、いろんな色もつくりだせるし
光のあて方ひとつで いろんな見え方ができるし
熱を加えると 自由自在な形にできるし。。。。。。で
なんだか生きている!素材に感じて魅了されていきました。
まるで人間のようにも思えたぐらいだったのです
「何もないところから。。。。
 何かを生み出す。。。。
 そして
 つくりあげていく。。。。」
というまでのプロセスがすごく面白くて
学生だった私にとっては 毎日がパラダイスでした。
唯一
嫌いな時間があり、それは、大勢の学生の前でひとりづつの
作品の批評会これがまた長い時間で
良くも悪くも、言いたい放題(笑 
しかも、
ハチャメチャに言われて⇒その日は凹む⇒開き直る(笑 
この繰り返しのおかげで。。。。
随分と、今では強くなっています
そんな学生生活の中、
いろんな事を学びました。
どちらかというと できの悪い学生でした。。。

作品を制作する中、失敗することなんか
当たり前なぐらいで。。。。先生からはまた君か

トホホ。。。

そこは根性(負けん気だけはあり)
失敗する分、そこから成功へ導く技も習得し
私にとっては これがすごく良い経験になったのです


卒業するころ
ある展示会に出品しました。
都内、 当時 (今もありますが)
IDEE shop
イデーワークステーションというのが 三宿にあり
クリエーターを発掘・また バイヤーをされていた
方が 作品を見に来てくださり、気に入ってくださり
IDEE に作品を買い取って頂けることになったのが
きっかけで、卒業後 ガラス作家として
スタートをきったのです。

約3年。。。。
オリジナルglass TOOL ツールという ブランド名で活動していました。
続きのお話。。。。。
次の記事にて〜^^;


Pocket


出会えたことでより良い人生へ輝き!ヨガインストラクター資格取得養成スクール 魅力あるティーチャーに!
出会えたことでより良い人生へ輝き!ヨガインストラクター資格取得養成スクール
魅力あるティーチャーに!
からだデザインYOGA Huali
©2014