ヨガに正解かどうかなんて求める必要はない

2018年9月9日

『 出会う・学ぶ・輝ける 』

YOGA HUALI Training School
代表を務めます 胡蝶 かおり です。

残暑もまだまだ 感じる 今日。
8月は 終わり、9月も中旬にさしかかろうとしています。

日曜日の今日、
皆さま いかがお過ごしでしょうか?

今日はこのようなお話しを少し、、、

ヨガのレッスンへ行かれてる方々も
ヨガ養成スクールへ行かれてる方々へも

ヨガを学んで行く過程で、誰しもがこういう感覚 を経験したことがあるかと思います。

カラダを動かして アーサナ(ポーズ)をとっていく中で、

思うように 足が開かなかったり、

思うように 体側が伸びなかったり、

思うように 脊柱が伸びなかったり、

思うように 不要と言われるチカラが抜けなかったり、

まだまだ あげるとキリがにですが、

そのような体験 ・経験 を誰しもが、いや、ほとんどと言って良いぐらいの方々が

感じたことがあるかと思います。

どんなに健康な人でも、日々 少しずづつ
カラダの状態は違うものです。

アーサナ(ポーズ)をとっていく中で、

このポジションであってるのかな? 間違ってるのかな?

このように 問いかけるようにもなるものです。

そう、 答えを、正確と言われる答えを出そうとしないこと。

よい、わるい という答えは必要ありません。

日々 違いますよね。。。
状態が。

そう、
正解求めるのではなく、

今日の心地の良い ポジションはどこだろ? という風に、、、

まずはここから 始まります♪♪

それでも答えを出したいという方がいるとするならば、

自分自身の中でしかみつからないものです。

間違ってる?合ってる? これを問いかける前に
カラダをひたすら 動かしてみてください(あくまで 無理は禁物)

感覚を得ることが大切です。

焦ることなく、
ひとつひとつのアーサナを丁寧に‼︎
心がけてみてください。

YOGA HUALI 専用Instagramにて 授業風景 ご覧頂けます。
【 yogahuali 】で 検索を〜♪

Pocket


ヨガの本質をリアルに伝える #02 New Face Teacher!
ヨガの本質をリアルに伝える #02
New Face Teacher!
からだデザインYOGA Huali
©2014