ヨガ。。自分自身と向き合う作業

2015年11月23日

いつもお立ち寄り下さり

ありがとうございます。

YOGA HUALI Training School

代表を務めます胡蝶 かおり  です。

 

日本では3連休!

最終日。。。皆さま

いかがお過ごしでしょうか?!

 

さて、

今日はこのような お話を。。。

 
ヨガ 。。。

心も身体の実践において、
【 ご自身と対話する 】ということを受講生には常に伝えています。

コミュニケーション・自分自身に常に問う

ことを実践していきます。

 
根本にある執着 等に気づけたら

それを気づくだけで終わらせずに

それは何故か?をよく考え、

本当の意味でそういった 感情を

手放していくことがヨガの学びのひとつでもあります。

ご自身と向きあう ことで、

変えていけるのです。
自己啓発と変わらない?!と感じる方も

いるかもですが それとは違うものです。
ヨガは。。
何かに頼っていく だとか 委ねる だとか
そういうことではありません!

 

ご自身の力で気づきを得て変えていくことなのです。それが ご自身の人生における 学びであり成長し、結果 よりよ

く変われる ということへ 繋がっていくものなのです。

 

 

【 自分自身と向き合う 】

はじめのうちは

これは本当に辛い と思います。

自分自身で今まで見ないようにしていたところや、見て見ぬ振りしてきた所と向き合っていくから。。。

自分で向き合えていると思っていても、

実践に

その弱さを前にして

「自分ってこんなに弱い?!

弱ってるーーー弱すぎな自分に笑える」と

と経験 私自身も ヨガの学びを深めてるさいちゅう は 感じたものです。

私自身 、こういうところもあるんだなーという(弱い部分)をそのままにしていた自分も ヨガの先生になる前まで

は いました。
手放すということを完全に履き違えてる状態ですよね。↑これって(笑
じゃあ、どうするのか?
どうしていけば良いのか?
どうやったら向き合えるのか。。。

 

身体は心をあらわらしています。

アーサナ(ポーズ)において、

まずは自分の身体で力を抜けないところを見つけていきましょう。

時々

完全に力を抜いてるよ〜という人がいますが、本当に力を抜くことがどういうことかご存知でしょうか。理解されて

るかしら?!

と感じるときがあります。

 

アーサナ(ポーズ)

をしたら、とても気持ちがいい

と誰しも感じるでしょう。

これって普段は力が抜けていないことを言っています。 現しでもあるのです。

 

力が抜けないなら

力を抜いていく、緊張を手放すワークをしていきましょう〜

そうするとアーサナが自然とついてくるようになります。

まずは ここのポイントまで辿りつけるように日々 少しずつで 良いから

日々の訓練を習慣づけていってごらん。

と 受講生には 伝えていっています。

 
さぁ、
今日も 私は太陽礼拝からのアーサナからの瞑想 で 心も身体もスッキリ!

 
皆さん!
今日も笑顔溢れるそんな一日を。

 

Pocket


健コロ プロジェクト‼︎ ハワイでヨガ留学 してみませんか?
健コロ プロジェクト‼︎
ハワイでヨガ留学 してみませんか?
からだデザインYOGA Huali
©2014